脳動静脈奇形を治療して悪化を防ごう【負担の少ない手術】

今注目の成分

医者

認知症を予防するために

日本で高齢者が増えると共に大きな問題となっているのが認知症です。中でも認知症患者の中で大きな割合を占めているアルツハイマーは大きな問題となっています。しかし、必ずしも誰もが高齢者になるとアルツハイマーを発症するというわけではありません。世の中には発症しやすい人とそうでない人がいるのです。アルツハイマーを始めとした認知症を発症しやすい人に多く見られる共通点は日頃からストレスを受けているということです。ストレスは体に様々な悪影響を与えることがわかってきていますが、認知症の発症にも影響していると考えられています。また、不規則な生活や偏った食事も認知症を発症するリスクが高まるとされています。自分も発症しやすい人に当てはまっていて心配だという人も少なくないでしょう。そこで最近注目されるようになっているのがプラズマローゲンです。プラズマローゲンは元々人間の体内にある成分の一つであり、脳を再生させる働きがあると考えられています。このプラズマローゲンが減少することによってアルツハイマーを発症しやすくなるとも考えられているのです。プラズマローゲンは脳の中の老廃物を排出させる働きがあるため、アルツハイマーを予防するだけではなく様々な健康効果が期待出来るということで注目されるようになっているのです。プラズマローゲンはリン脂質の一種であり、現在ではサプリメントによって気軽に摂取することが出来るようになっています。