脳動静脈奇形を治療して悪化を防ごう【負担の少ない手術】

ストレスや加齢が原因

ドクター

積極的に摂取しよう

アルツハイマーは、脳の細胞の一部が破壊され、記憶力、思考力、判断力が低下してしまい日常生活を正しく送れなくなってしまう病気です。主な症状は物忘れで、物をどこに置いたかや、何時に待ち合わせをしたか、という軽いものから始まり、最終的に自分の名前や住所、食事の仕方や服の着方まで忘れてしまうようになってしまいます。アルツハイマーになってしまう主な原因は加齢と言われています。加齢によって脳の細胞の働きが衰えることで、少しづつ症状が出てきます。しかし最近では、若年性アルツハイマーと呼ばれる若い人が発症してしまうアルツハイマーも増えてきており、ストレスなども原因の一つではないかと言われています。基本的に一度発症してしまうと、完全に治癒することは難しく、長い治療期間でいかに症状悪化を食い止めるか、ということが治療の中心となっていきます。そのため、日ごろからアルツハイマーにならないための予防対策を行っておくことが重要と言えます。アルツハイマー病の予防と、発症時の症状悪化を食い止めるために有効とされているのが、プラズマローゲンと呼ばれる成分です。プラズマローゲンは、抗酸化作用を持った脂質の一部です。積極的に摂取することで、脳にかかるストレスを除去し、脳細胞の働きを活発化させます。また、プラズマローゲンは食品にも含まれますが、サプリによる摂取が一般的です。脳の健康を守るため、プラズマローゲンを摂取し病気の予防に努めましょう。