脳動静脈奇形を治療して悪化を防ごう【負担の少ない手術】

早期発見・早期治療がカギ

ハート

診断が難しい病気

どの病気もそうであるようにリウマチにおいても早期発見、早期治療が大事になってきます。リウマチで恐ろしいのは病状が進行すると関節を破壊する事ですが、最近の研究ではリウマチは発症直後から関節破壊が起こる事が分かってきました。リウマチの特徴の一つである関節の腫れや痛みがひどくなくても、関節内部では破壊が進んでいる事があるので早めの治療が必要となります。リウマチは初期診断が難しい病気として知られています。かつては高齢者特有の病気と思われていましたが、発症ピークは30代〜50代であり、女性に患者が多いのが特徴です。世田谷などの都市部には家庭と仕事を両立させている女性も多いですが、日常生活の忙しさにかまけてリウマチ特有の初期症状を見逃している方もいらっしゃるのではないでしょうか。「朝のこわばり」と呼ばれる、朝の起床後30分間によく見られる手のむくみや指関節の腫れなど、普段とはちょっと違う違和感が続いたら世田谷のリウマチ専門医に相談する事をおすすめします。世田谷には大学病院から一般クリニックまで様々な医療機関がありますが、リウマチを専門にする病院も多くあります。リウマチの診断は難しいので少しでも疑わしい症状が見られたら、専門知識が豊富で医療設備の整った専門医を受診するのが好ましいといえます。また、運悪くリウマチと診断されても近年では生物学的製剤という、劇的に病状を改善する特効薬が開発され、目に見えて治療効果が上がってきています。世田谷にはそうした最新の高度治療を行っている病院も多いので、病気を疑われる方は早めの受診をおすすめします。