脳動静脈奇形を治療して悪化を防ごう【負担の少ない手術】

ハート

早期発見・早期治療がカギ

病気が進むと関節の破壊が起こるリウマチは他の病気以上に早期発見・早期治療が大切です。しかし、リウマチは早期の診断が難しい病気でもあり、そのため、世田谷などの都市部の医療設備が整い、専門医のいる病院を受診するのが好ましいといえます。

詳しく見る

医者

今注目の成分

世の中にはアルツハイマーを始めとした認知症になる人とならない人がいますが、ストレスを日頃から受けている人や生活が不規則な人は発症リスクが高いとされています。脳の老廃物を排出する働きを持つプラズマローゲンは認知症の予防に効果的であり、様々な健康効果も期待出来るとして注目されるようになっています。

詳しく見る

診察室

頭痛や脳内出血の原因

脳動静脈奇形の治療法は3種類あります。比較的に小さな脳動静脈奇形の場合、放射線治療や血管内治療が選択されます。大きな脳動静脈奇形の場合は開頭手術が選択されることがあります。実際はこれらの治療法を複数組み合わせて治療を行うことが多いです。

詳しく見る

看護師

治療はどんなことを行うか

リウマチの治療法は薬物療法、手術、リハビリテーションの3種類です。メインとなる治療が薬物療法であり、最近は抗リウマチ薬や生物学的製剤が開発されています。手術では膝や股関節に人工関節を入れ替えるものを行います。リハビリでは、運動療法や物理療法を行います。世田谷にはリウマチの専門家が多数在籍しています。

詳しく見る

ドクター

ストレスや加齢が原因

アルツハイマーは、ストレスや加齢などが原因で、激しい物忘れなどの症状が出てしまう脳の病気です。予防と対策のためには、プラズマローゲンを積極的に摂取するのがおすすめです。脳のストレスを除去し、細胞を活性化させ症状悪化を食い止めます。

詳しく見る

症状と治療法を知る

看護師

いろいろな症状がある

脳動静脈奇形は、動脈の強い圧力が圧力に弱い血管に加わることで出血を起こす症状のことです。出血する場所によっては、脳内出血やくも膜下出血などの症状を引き起こすことがあります。出血しない場合であっても、脳に影響を与えてひきつけや痙攣けいれんを引き起こす可能性があります。脳動静脈奇形を治療するには出血を防止することが肝要です。そのため、手術はすべて出血を止めるための処置になります。頭蓋骨を切開して出血を防止するものを開頭手術といいます。また、小さい病変に対して行われる手術の1つとして放射線治療があります。これによって脳動静脈奇形を閉塞させます。他にも、カテーテルを使った手術もあります。いずれも血管を閉塞させる手術になります。脳動静脈奇形の手術の中で最も負担の少ない手術はカテーテルによる手術です。カテーテルを大腿動脈から挿入して血管を通って頭の血管まで到達させます。このカテーテルの中に血管を閉塞させる働きがある薬を入れます。そうして、脳動静脈奇形とそれにつながる血管を閉じます。こうして出血を止めることができます。しかも、メスによる切開もありません。もちろん、他のガンマナイフを組み合わせて手術が行われることも多いです。非常に安全性の高い治療法ですので、年配の患者に対しては非常に有効性の高い治療法です。ちなみに、若年層の場合はどのような手術でも問題ありませんが、中年世代以降はガンマナイフかカテーテル手術のどちらかになります。また、脳動静脈奇形の手術後は合併症にも注意しなければなりません。合併症には様々なものがありますが、中でも危険とされているのが脳梗塞です。脳梗塞を発症させてしまうと、後遺症が残ってしまう可能性がありますが、リハビリで改善することができます。そのため、万が一の場合はリハビリを受けるとよいでしょう。

どれを選んだらいい?キャットフードの選び方を猫カフェ店員が解説するブログ

愛猫の健康管理に悩んでいませんか?それならサイトでドクターズケアのキャットフードの特徴を確認しておくといいですよ。